読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーぴんの「笑いは血、アニメは肉」

アニメ・お笑い賞レースについて

第1回椿のサブクラスやあらへんで!チキチキ!これやってみたかってん第2弾!絶対においしいお好み焼き選手権④

チ「じゃあ僕行きます!」

な「頼みますよ」

た「美味しいの頼むよ」

ち「ドン!アロエヨーグルトです!!」

な「あのさあ」

ソ「単体!?」

た「これヤバいでしょ。この3人(たっく・ソッソ・ちーぴん)一緒でしょ」

ソ「おれはコレ美味いと思う」

た「ドロドロが似てるもん」

 

お好み焼きの素にアロエヨーグルトを入れてかき混ぜ中

※ちーぴんの1品目は写真を取り忘れています

 

ち「…誰が食うねんこんなもん」

た「早いよ。もうちょっと頑張ろう?」

ち「あ、油敷いてない。」

エ「ボリュームすごいっすね」

ち「ヨーグルトの分増えちゃったよ」

た「当たり前だろ」

な「アロエの匂いする」

た「アロエ邪魔しそうだな」

ソ「美味そー」

 

た「(マンハッタン焼きを振り返って)美味しいもの入れるだけじゃダメなんだね。当たり前だけどw」

ち「マンハッタンだけだったら美味かったと思う」

ソ「マズいなぁ口の中がまずいよ」

た「美味しくしてくれよちーぴんさん」

 

焼き中

 

ち「やったね!……やったね!」

な「なんで自分嘘つくん」

た「なんか臭い」

な「まあ臭くても美味しいものいっぱいあるし」

た「納豆入れるといいなあ」

な「ありそう」

ソ「今までないものを作らんとね」

エ「この前お茶漬け食べたんすよ。お湯が多くて、納豆入れたら、マズすぎいいいいい!お湯がドロドロしてるうううって」

全員「なにしてんねん」

 

エ「アロエがいる」

ソ「見た目は普通の。ファンタスティックだね。」

ソ「第3のフルーツガイジ?」

た「3代目。」

ソ「フルーツソウルブラザーズ?」

な「アロエの匂い凄いな」

ソ「俺は好きやで」

た「見た目的には悪くない」

ち「クレープっぽい」

な「これにさっきのソースかけたら…」

 

出来てきた

 

ち「ふわふわ加減を考慮すれば、天使でしょ!」

エ「天使ちゃん?やったぜ」

 

いただきます!

 

ソ・た「ハハハハハハハ!!!まっず!!」

た「正直思ってた以上(にマズい)」

エ「噛めば噛むほど、まずさがやってくる」

な「どの瞬間もマズいわ」

た「これやべえよ」

な「ヨーグルト関係なくマズい」

ち「いやでも…」

な「嘘つけよ」

ち「いや…」

な「何が??」

ち「これはでも」

エ「お好み焼きの味付けを、ヨーグルトに変えただけのやつ」

 

ソース追加

 

た「ソースかけたらうまい」

な「ソースかけたら全然」

エ「たまにまずい」

ソ「ソースかけたら10点説あるなあ」

な「プレーンは5でしょ」

ソ「きらいじゃないわ」

 

何点か決めよう

 

た「2…」

ち「えええええええ!?!?!??!」

ソ「楽しい味がする、楽しめた。1。」

な「い1。1はないかな2かな。ソースかけたら食えたから。マンハッタンはソースかけてもまずいから」

エ「期待ほどじゃなかったから3」

た「エアロの評価だけみたら俺(酢豚風)の方が高いからねww」

 

た「平均とって2?」

 

ちーぴん アロエヨーグルトお好み焼き

★★☆☆☆☆☆☆☆☆

アロエもヨーグルトもきちんとマズく、2点。

 

 

た「なかむーいくつでしたっけ」

な「7」

ち「(たっく)1、(ソッソ)1、(ちーぴん)2」

な「お前らw」