読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーぴんの「笑いは血、アニメは肉」

アニメ・お笑い賞レースについて

アニメ街コン体験記in熊本 第1話Bパート

その他(アニメ)

3組目 

VS⑧ダンマリで痩せてる人・⑨見た目男の人

本当だったら申し訳ないが、この2人は絶対サバ読んでる。だって見た目29と32だもん。2人とも24はあり得ない。

ここが本当に大変だった。⑨が初代セーラームーンの話ばっかりするし、⑧は喋らないし、共通のアニメの話題がとにかくない。ここでトイレに立ち、食事タイムを取ったのは賢明な判断だったと思う。

 

4組目

VS①主婦みたいな人・②口数少ないオタサーの姫みたいな人

②の女性が見た中では1番オタクっぽい感じ。そして巨乳。WORKINGの話を振ったら、ここでも佐藤さんが好きとの回答。人気やね。

①の人のエピソードが結構強烈で、高校時代の厨二全開なオリジナル小説を生き生きと語っていた。「この世界は7つの竜が支配していて、その中でも黒龍は『死』を司っていて……」

 

これはやばい。

 

自分の話だけしてもダメであるというパターンの典型を見た。

 

 

 

学んだこと

まず、「WORKING!!」は手堅い。半分くらいは食いつくんじゃ?というくらい手ごたえが良かった。そして佐藤さんが人気。多分だけど、俺の好きな春奈さんの話はしなくて正解だった。

他のアニメはほとんど食いつかれなかった。食いつかれてもおかしくないラインナップだけどなあ。

 

次に自分のエピソード話の仕方。同じグループの会社員の人が

「旅行が趣味なんですね。どこ行かれるんですか?」

と質問されていた時、

「友達から無理矢理誘われてなんですけど、どこどこついてきてって言われたらついていく感じですかね。振り回されてる感じですけど。」

って言ってたのを聞いて、なんかこいつダメだな…って思った。

マンガで分かる心療内科」で仰っていた話と殆ど同じで、プラスの面をいきいきと語るのは、自分を魅力的に見せる良い方法。だから、

 

「1クール50作品も見て大変だわ。つまんないのも見なきゃいけないし、他のことが出来なくなるし」

 

というよりも、

 

「1クール50作品見てるんだけど、いろんな人のいろんな意見が聞けて楽しい!後半から面白くなってきたときは本当見ててよかったって思う!」

 

と言う方が印象がいいということ。

悪かったところを面白く話して笑わせるというのも1つのトーク術だと思うけど、そこは相手との関係性に依るんでしょうね。

 

そして今後見た方がいいアニメとして挙がったのが、

うたプリ

ガンダム(オルフェンズ)

・ハイキュー!

夏目友人帳

あたり。特に「うたプリ」は、男で言う「ラブライブ!」みたいなもので、さしよりここ押さえとけば…的なアニメ。違うグループのイケメン共が、そんな感じ(うたプリとかその辺?抑えときゃ余裕っしょwww)で振る舞ってたから、なるほどなって思った。オルフェンズは男性との会話用。

ち「習字やってるとこまで見ました。」

男「どこ?www」

ち「どっかと提携組むみたいな話のとこです。8話くらいかな」

男「めっちゃ前じゃんwww」

の下りで1分持った。

 

 

思ったより人が少なかったけど、思ったよりみんなアニメ好きで笑う。初対面のアニメ好きの集団に、初めて身を投じた今回。思ったより楽しかった。思えば先月の派遣先の自己紹介で、「休日はお笑いとアニメを見てます」と言い放った時からなにやら始まっていたのかもしれない。

また機会があったら行こうと思う。

 

 

 

 

 

もう来週の金曜日の街コン申し込みました

ドヤァァァwwwww

 

↑いやはまってますやん