読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーぴんの「笑いは血、アニメは肉」

アニメ・お笑い賞レースについて

霊剣山 叡智への資格 2話知ったか解説+感想

導入であらすじとか、修行レベルの話とかされたら、俺の出る幕無くなるじゃん。しかも後半は玲姉イジリかよ!

早くもこの企画が黄色く濁って見えるのを懸念しながら、好き勝手書かせてもらいます。

 

 

今回の目的「七星門の頭を捕まえて、村のみんなに謝らせる」

  • 修行レベル

f:id:o_463ki_3ki:20170118203231p:plain

鍛体→練気→築基→虚丹→金丹→元嬰→…

霊剣派の長老たちは元嬰レベルだが、王舞だけ金丹。

同じレベルの中でも九品から一品まで分かれている。(一品のほうが上)

 

土下座好き

f:id:o_463ki_3ki:20170118204231p:plain

 

  • 村を襲ったのは4つ星の使者の指示だった。

4つ星ってなんやろなあ。四品とは違うよね。

 

  • 今回の試練は、思い出と縁を切るのも目的の一つ

 

  • 4つ星の伝令の正体

f:id:o_463ki_3ki:20170118205746p:plain

6つ星の築基と4つ星の伝令(たぶん練気)

2人は双修道侶(ソウシュウドウリョ)で、房中術(ボウチュウジュツ)でお互いの法力を高め合うそう。

訳:玲「ちちくりあってたら法力が上がる」

 

そしてこのオチ。

f:id:o_463ki_3ki:20170118210012p:plain

 

2話:83点

1話の面白さを期待していた分すかされた感はあったけど、霊剣山のもう1つの面白さ、いわゆる1期の面白さで楽しませてくれた2話でした。