読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーぴんの「笑いは血、アニメは肉」

アニメ・お笑い賞レースについて

第1回椿のサブクラスやあらへんで!チキチキ!これやってみたかってん第2弾!絶対においしいお好み焼き選手権⑨[終]

その他(お笑い)

ち「置きにいった感あるけど、マズくなりようがない。」

 

ち「こちら、えびせんです!何より大きさが丁度、そしてソースをかける風習?もあるからソースとの相性もバツグン」

エ「これすごい。」

な「なるほど。」

た「分厚くなりそう。」

ち「煎餅でパリパリもあるし。」

た「確かにマズくなりようがない。」

f:id:o_463ki_3ki:20161117152400p:plain

 

エ「意外と曲がりますね」

ち「なんかしんなりしてる」

 

 

ち「よし!出来た!もう形といい…」

な「形だけやん」

た「もう3点出せば2位確定やからな」

な「低レベルすぎィ!」

エ「さっきでも俺の点数言われてないですよ?」

た「捨てるってことはマイナスだよ」

な「絶対に美味しいお好み焼きやぞ」

ち「これはソースかけたほうがいいかもしれん」

ち「鰹節せっかく買ったから」

ソ「もう1枚焼いとこう?」

エ「なんか伸びたな」

た「えびせん入ってる?」

な「入れた?これ」

た「無くない?」

エ「めちゃくちゃ伸びる物体が」

な「邪魔してくる物体が」

た「入れない方がいいんじゃない?w」

た「これさ、焼いた後に乗せたら?」

ソ「後乗せサクサクがいいんじゃない?」

た「それでやってみよう」

ち「もっとサクッとなると思ってた」

た「マズくは全然ない」

 

 

エ「もうウーロンの奴隷!!」

 

 

ご要望ににお応えして異例の2枚目。

f:id:o_463ki_3ki:20161117154227p:plain

た「そっから切るの?」

ち「うん…どうしたらいいと思う?泣」

 

ち「もうやだ」

エ「結果的にヘニャってますやーんw」

な「煎餅が切れないもんでさ」

エ「煎餅が1枚まるごとついてきちゃうもんでさ」

な「かってぇーーww」

ソ「イカみたいになってる」

エ「中心はそうでもない」

ち「かってぇーー」

エ「どこが固いですか?」

ち「水分とんだとこ」

た「かた!」

 

ち「何点すかこれ」

た「3点あるなあ」

ち「目新しい美味しさなかったよね」

エ「難しいですね」

ち「普通に考えたら7くらいですね」

な「何が?」

た「俺4かなあ」

ソ「これ3やで」

な「俺も3かなあ」

エ「俺は、4かなあ」

ち「じゃあ4で。別にどっちゃでもええw」

た「どうせ2位確定だしねw」

ち「2位で100円払いくらいの」

た「100円払いか110円払いか位の違い」

 

ち「じゃあ4やね。」

エ「ちゃっかり1上げるw」

 

ちーぴん2品目。えびせんお好み焼き

★★★★☆☆☆☆☆☆

マズくなり様も上手くなり様もなく、心のこもっていない4点。

 

 

た「俺3位だよなw俺3位でいいんだよなw」

ソ「ミートボールとパイナップルってゴミカス焼き…」

た「お前ら食いもん作ってから言えよw食えたもんじゃねえんだよw」

 

<総合成績>

 1品目2品目平均
なかむー 7 9 8
ちーぴん 2 4 3
たっく 1 無し 1
エアロ 2 -2 0
ソッソ 1 -3

-1

 


ソ「なかむー居なかったらいい試合。」 

ち「俺1位はいかんでしょ」

ソ「1人はだって遠藤枠がいるわけやし」

エ「俺マズいの狙って作ってないんだけどなあ」

ソ「そっちのほうが酷くない?」

エ「方正ていう愛され役(を担った)」

 

ち「次回は絶対に美味しいたこ焼き選手権でお会いしましょう」

ソ「もう粉もんいやや~!」

ち「たこ焼きは大丈夫と思うよ」

な「領地が狭いから、マズくなる余地はない」

ソ「グミ入れるで」

た「マジで駄目だよ」

エ「パインアメは?」

ち「余地見せんなって」

 

た「当たり前のものって美味しいんだなって。」