ちーぴんの「笑いは血、アニメは肉」

アニメ・お笑い賞レースについて

第1回椿のサブクラスやあらへんで!チキチキ!これやってみたかってん第2弾!絶対においしいお好み焼き選手権⑥

ち「出ました!」

な「お好み漬け。」

f:id:o_463ki_3ki:20161107213124p:plain

ソ「えぇ…お湯を入れるんすか。」

ち「俺の、正直最終選考まで残りました」

な「お湯に入れて食べます。焼いた後にね?」

ソ「あーなるほどね。」

ソ「味せんやろ。」

な「元々がお湯入れて食うもんやから。」

 

 

た「口の中だいぶ気持ち悪いな、ホットケーキ。」

 

 

な「お湯じゃないから(素が)溶けないね笑」

ち「全部今まで甘いですもんね」

た「なんでみんな甘くしたがんの(呆れ)」

な「これ(お菓子のミニサラダ)も砕いて入れっか。あられみたいな。」

f:id:o_463ki_3ki:20161107215432p:plain

た「これ、かなり期待できるわ」

な「周富徳やから」

 

 

ちーぴんが物干しラック?の下敷きになる

 

 

ひっくり返す

全員「おぉ!!」

f:id:o_463ki_3ki:20161107215354p:plain

な「やっぱね。周富徳やから。」

な「お湯は、どうしよう。」

ち「ここ(鉄板)にもうジャーって入れて…」

な「その後どうすんの。」

 

な「はい。好きなの(お茶漬けの素)選んでいいよー」

ソ「え?更に?」

ち「もう生地に入ってるじゃん」

ソ「死ぬでwどんだけ濃くするのw塩食ってるみたいになってるよ」

な「じゃあ別そのままでいいなあ。俺お茶漬けほとんど食わんからさあ」

ち「どわぁ、どうなるんだろうなあ」

ソ「これあれだな、韓国の、チヂミみたいだな。」

 

 

実食!

 

 

な「しょっぺえ!」

た「でも美味いね。」

ち「ぁ美味~い!」

ソ「しょっぺえwお湯くぐらせたらいいんじゃない?」

エ「ポップコーンの底みたいな」

ち「これ美味いわ!」

エ「これでもいいんじゃないですか。」

ち「あー美味っ。」

た「これ、いいっすねえ。いいっすねこれ」

エ「ちゃんとお好み焼きにもなってるしね」

ソ「温まるね。」

な「天ぷらうどんみたい」

た「こういうのを待ってたんだよ。」

ち「あー美味い。」

 

た「今日イチだな。…今日イチってwww」

ソ「ヨーグルト…よりちょっと上くらいかな」

た「ヨーグルトが2だったんで、3。」

ち「2でもいいくらい。」

 

エ「美味いっすね。」

た「なにを、やってたんだ俺は。」

ち「これ、10点じゃないですかww」

エ「ここで10出さんとw」

ち「前半戦の体たらくを見ると。9か10かなぁ」

ソ「じゃあ3で。」

な「は????」

ち「めちゃめちゃ厳しく言ったら2ですけどね」

ソ「しょっぱすぎ」

ち「改良の余地があるというところを見ると、」

た「9に近い2。しょうがないっす、これもう、しょうがないっすww」

な「なにが?」

ち「気持ちは分かりますけど。……もう2っすねwwwww」

 

 

まあ9ですね。

 

なかむー2品目、お茶漬けお好み焼き。

★★★★★★★★★☆

味、見た目、アイデアと3拍子揃うほぼパーフェクトな出来で9点。